旅ブログ

これまでに泊まった全国の宿及びおすすめの観光・レジャースポットを紹介しています。

<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark |

松島佐勘 松庵

日本三景のひとつ、松島に行ってきました。

宿泊は「松島佐勘 松庵」です。

秋保温泉の「伝承千年の宿 佐勘」の姉妹店とのこと。

3000坪の敷地に客室11室という贅沢な旅館です。

松島海岸からは少し離れた丘の上にある一軒宿で、田んぼの中を走っている時には、「道間違えたかな?」と思ってしまいました。

宿に着くと駐車場まで仲居さんが迎えにきてくれました。



チェックインした後は、再び仲居さんが部屋まで案内してくれました。

抹茶のサービスと、館内の案内、とここまでは普通。
夕食のお米と炊き方の希望を聞かれました。
何でもお米は釜で炊いているのだとか。
コシヒカリか秋田小町、白いごはんか炊き込みごはん、を選ぶそうで、コシヒカリの炊き込みごはんを戴くことに。

部屋は14畳の和室。窓を開けると、ベランダのすぐ向こうは海で、松島らしい景色が広がります。
夕食は地下(と言っても建物が傾斜地に建っているので実質的には1階)のレストランで。

窓から見える海は岸からライトが照らされ幻想的な雰囲気です。

一品ずつ運ばれてくる料理は、どれも絶品!
並大抵の高級旅館では味わえません。

夕食後はセルフサービスのラウンジでまったりと。
アルコールは自主申告で有料だそうです。
セルフは面倒臭くも思いますが、スタッフの方がいないのは、気を遣うこともなく、それはそれで快適です。



お風呂が温泉でないの残念ですが、脱衣所、浴室、露天風呂とも清潔でアメニティも揃っています。
部屋に戻った後は、宿が部屋に用意してくれた夜食のおむすびを。周辺に店などがないだけに、こういった小さな心遣いが嬉しく感じられ、お腹いっぱいにも関わらず、食べてからフカフカの布団に入りました。

翌朝、チェックアウトは12時。朝食も海を眺めながらのんびりと戴いてから、家路につきました。

値段が値段だけに常連になることはないと思われますが、機会があれば是非もう一度泊まりたい宿です。


住所:宮城県宮城郡松島町手樽字梅木1
駐車場:無料






 
宮城県 | permalink | - | trackbacks(0) | pookmark |