旅ブログ

これまでに泊まった全国の宿及びおすすめの観光・レジャースポットを紹介しています。

<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark |

能登半島九十九湾 百楽荘

百楽荘は、石川県能登半島九十九湾にある老舗の一軒宿である。



金沢からだと車で約2時間。能登半島の先端に近い西海岸に位置する。
能登空港からは車で30分なので、飛行機でのアクセスも便利だろう。

リアス式海岸で、大小多く(99個?)の入り江があことから、九十九湾と呼ばれているらしい。
日本百景の1つにも数えられる、美しい湾だ。

道路から百楽荘へと続く私道の入り口には、百楽荘の看板(門?)が建っているのだが、かなり古びているため、正直、不安になる。
しかも、門を通過する時には、ブザーが鳴るのだ。
車が玄関に到着した時のお出迎えのためと思われるが、古びた門と相成って、不安を増大させる。

林道に毛の生えたような薄暗い道を進むと、駐車場が見えてくる。
駐車場の一番奥に宿が見える。
スタッフが一人出てきて、車の誘導をしてくれた。

宿の周囲は林に囲まれており、宿全体を見ることはできない。
玄関周りは、植木などで綺麗に整備されており、雰囲気も良い。

玄関を入ると、心地よいお香の香りが漂っている。
玄関横にあるお食事処、百楽茶屋に通され、ウェルカムドリンクのサービスとチェックインの手続きをする。
荷物は、駐車場で誘導してくれたスタッフが、先に部屋に運んでくれるという。
百楽茶屋からは、九十九湾を一望することができる。
眼下に広がる漁港には、ゆっくりとした時間が流れている。



百楽茶屋で少し休憩した後、仲居さんに案内された客室は、ベッドのある和洋室だ。
一般客室はほとんどが和室で、一部和洋室があるという。
築年数の古さは感じさせるものの、きれいに清掃されている。
壁やふすまの染みまでは隠しきれていないのが残念だ。
洗面所や浴室は、30〜40年前にタイムスリップしたかのようだ。
浴室に関しては、ほとんどの客は大浴場を使うのだろうが、今時、暗いタイル張りは如何なものか。
客室は、睡眠時間も含め、客が宿泊施設の中で最も長い時間を過ごす場所である。
早急な改善を求めたい。(2010年6月現在)

大浴場は、2箇所あり、時間により男女が入れ替わる。
1つは地下にある洞窟風呂、もう1つは展望風呂だ。

洞窟風呂は、地下5階にある。
海洋深層水の洞窟風呂は、日本でもここだけとのこと。
この洞窟、一人の石工が、3年かけてつるはし1本で掘ったそうだ。
脱衣所には、この石工が残したというつるはしのレリーフが残されている
趣のある洞窟風呂からは、外に出ることができ、外のテラスは、海の見える壷風呂となっている。

展望風呂は、海の側の高台に立つ立地を活かしたもので、九十九湾を一望できる。
脱衣所、浴室とも広く、開放感がある。

展望風呂の隣には、2つの貸切風呂がある。
一般客室の場合、別料金(3150円/50分)だ。

夕食は、地下の乙姫荘で頂いた。
地下と言っても、高台の上が1階なので、地下は、海面に近い位置となる。
数年前にリニューアルしたばかりで、きれいで雰囲気も良い。
能登の地物を活かした会席料理はどれも絶品!
せっかくなので、+3000円で、オプションの能登づくし会席をプラスすることをお勧めしたい。

翌朝の朝食は、百楽茶屋で。
展望の良い場所での朝食は、非常に気持ち良いものだ。
朝食の量も十分過ぎるほどで、足りない人はいないだろう。

残念ながら、今回は体験することができなかったが、宿には釣り桟橋があり、九十九湾の様々な魚釣りを楽しむことができるそうだ。
もちろん、釣った魚は厨房で調理してもらえるとのこと。
チェックインからチェックアウトまでの時間をフルに使って、釣りを楽しむのも風流だ。

施設の古さは気になるものの、スタッフの対応やサービスも、ワンランク上の宿と同等だ。
強いて言うなら、風呂が温泉だと嬉しいのだが、やはり、それは贅沢かもしれない。
値段以上の価値はある宿だと思う。


住所:石川県鳳珠郡能登町越坂11−34
駐車場:25台 無料


詳細情報を表示 | クチコミを表示 | 写真を表示 | 宿泊プランの表示


   人気ブログランキング



JUGEMテーマ:旅行


石川県 | permalink | - | trackbacks(0) | pookmark |

金沢エクセルホテル東急

加賀百万石、金沢に行ってきた。

宿泊は、香林坊と言う、金沢一の歓楽街にある金沢エクセルホテル東急である。



金沢城、兼六園、二十世紀美術館、武家屋敷といった金沢を代表する観光地が徒歩圏内、香林坊109に至っては隣(同じ建物?)という金沢の一等地だ。
金沢のビジネスの中心街も徒歩圏内で、まさに金沢の中心である。
金沢駅からは、タクシーで約8分。

周囲には飲食店が多いので、安いものから高価なものまで、食べるものには困らない。

施設自体の築年数は古そうだが、客室はブロードバンド対応であり、清潔感と高級感もあり古さを感じさせない。

スタッフの対応も丁寧で気持ちの良いものだ。
もちろん食事も文句のないものだった。

3泊したのだが、部屋は上層階の角部屋で、金沢の夜景を堪能することができた。

また、毎朝、部屋のドアに配られる「北国新聞」が北陸へ来ていることを実感させてくれた。

料金的には、決して安くはないが、立地とサービス内容を考えると、他のホテルに泊るのが損に思える。
次回、金沢へ行く時にも利用したいと思う。


住所:金沢市香林坊2−1−1
駐車場:200台有料

詳細情報を表示 | クチコミを表示 | 写真を表示 | 宿泊プランを表示






JUGEMテーマ:旅行


石川県 | permalink | - | trackbacks(0) | pookmark |