旅ブログ

これまでに泊まった全国の宿及びおすすめの観光・レジャースポットを紹介しています。

<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark |
<< 三交イン名古屋<新幹線口> | main | 平湯温泉 山荘 湯乃里 >>

岩菅ホテル

志賀高原にスキーに行ってきた。

いつもは、タンネの森、一ノ瀬、ダイヤモンド周辺のホテルに宿泊するのだが、
今回は友人が手配してくれた東館山ゴンドラ乗り場横の岩菅ホテルに宿泊した。



志賀高原には毎年何回か訪れるが、発哺温泉に泊るのは初めてだ。

発哺温泉への道は、一ノ瀬に向かう途中のトンネルの手前で脇道に入る。
脇道に入ってからは、いくつかのカーブが続き、1つ目の交差点を左折する。
そこから先は急な下り坂。途中からはスノーシェードの中を下って行く。
行きは下りなはのでゆっくり走れば問題ないが、雪の積もっている季節だと、2駆+スタッドレスでは帰りに坂を登れるかが不安である。
できることなら4駆+スタッドレス、またはチェーンの装着をお勧めする。

スノーシェードの中を下りきると、広い駐車場に到着する。
そこでホテルに連絡すると、軽トラック風のかわいらしい雪上車に乗ったホテルのお兄さんが迎えに来てくれる。
ホテルは駐車場のすぐ横に見えているのだが、駐車場とホテルの間を東館山スキー場の初心者コースが横切っているため、ホテル前まで車を乗り入れることができない。
車から雪上車へと荷物を移し、車は指定された駐車場に駐車する。
非日常感満々で、わくわくする。
荷物だけ雪上車で運んでもらい、人間は歩いてホテルまで。
長靴があると靴の中に雪が入ることを気にせず歩くことができるので、長靴をお勧めする。

ホテル前で雪上車から荷物を受け取りチェックイン。
部屋は朝から使って良いとのことで、部屋で着替えができた。
チェックイン前に部屋に入れてくれるスキー場の宿は、非常にありがたい。
部屋は、予想以上に広く、窓の障子を開けると東館山ゴンドラが、窓の外を横切る。
(後に東館山ゴンドラに乗ったときに、障子を開けておくと部屋の中が丸見えであることに気づくのであるが…)
着替えた後は、ホテルのフロントでリフト券を購入(正確には引換券を購入する。正規に買うより少しだけ安い)玄関前からスキーを装着し、ゲレンデへ。

今年(2009年)の志賀高原は2月に雨の日が多かったとのことで、どこへ行ってもアイスバーンで、残念だったが、私が帰った翌日からは大雪だったそうで、コンディションも回復したのとこと。
一日たっぷり滑った後は、ホテルの玄関までスキーで帰ることができる。

お風呂は、もちろん温泉だ。
1階の大浴場は、ガラス張りで、夕日を見ながら温泉に浸かることができる贅沢さ。

夕食は、ボリュームもあり、温かいものは温かい状態で出され、大満足。
大きいホテルは、あきらかに食事に手を抜いていることが多いのだが、予想外だった。
土曜日の割りに宿泊者が少なかったからかも知れないが、団体客と重なっても今回のレベルの夕飯なら、今後の常宿化決定だ。
もちろん、翌朝の朝食も、量も味も満足できるものであった。

チェックアウト後も荷物は最上階のホールに置かせてもらうことができる。
滑り終わった後は、温泉にも入らせてもらい、再び雪上車に荷物を載せて駐車場へ(人は歩き)。

ホテルの施設自体は、決して新しいとは言えず、老朽化が進んでいるが、必要な部分(トイレなど)は改装されおり、きれいに掃除されている。
また、スキー場の宿としてのサービスも良く、料金も志賀高原としては最安値クラスだと思う。

志賀高原のスキーの宿を探している方は、一度検討されてみては如何だろうか?
東館山という位置的に、奥志賀高原まで往復は大変だ。
奥志賀に滑りに行かれる場合は、帰りはシャトルバス(リフト券で乗れます)と割り切り、のんびり奥志賀まで滑って行くのが良いだろう。


住所:長野県下高井郡山ノ内町志賀高原7149
駐車場:有り20台無料先着順

詳細情報を表示 | クチコミを表示 | 写真を表示 | 宿泊プランを表示








JUGEMテーマ:旅行


長野県 | permalink | - | trackbacks(1) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |
この記事のトラックバックURL
http://tabiblog.jugem.jp/trackback/37
この記事に対するトラックバック
安く泊まる安く泊まる方法についてレポートしてみました。安く泊まる:その1まずは簡単なところから、インターネットのホテル検索で探すとある程度安いところが見つかります。あとは遅い時間にインすると安いところもあります。安く泊まる:その2ユースホテル・民宿・全
安く泊まる:泊まる | 安く泊まる方法大公開 | 2009/03/27 9:41 PM