旅ブログ

これまでに泊まった全国の宿及びおすすめの観光・レジャースポットを紹介しています。

<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark |
<< 磐田グランドホテル | main | 金沢エクセルホテル東急 >>

菅平高原ホテル柄澤

菅平高原に行ってきた。

宿泊は、菅平の中では最高級クラスの大型ホテル、ホテル柄澤である。



ホテルの最寄のゲレンデは、シュナイダーゲレンデだ。
ホテルを出て2〜3分ほどの歩きとなる。
シュナイダーゲレンデは、トリプルリフト1本のゲレンデである。
リフトを降りて右手方向に滑ると、広々とした表ダボスゲレンデに出ることができる。
そこから、好みのゲレンデへと向かう。
帰りは、裏ダボスゲレンデのリフトを降りて、右手方向、シュナイダーゲレンデのリフト降り場に向かって直滑降だ。
菅“平”というだけのことはあり、スピードが足りなくなると歩かなければならない。
実は少し左に逸れた所に、林の間を抜けて、シュナイダーゲレンデ中間に出るコースがあり、そちらを通るとほとんど漕ぐことなく帰ることができるのだが、意外に知らない人が多いようだ。
裏ダボスの初心者迂回コースの途中から、シュナイダーゲレンデ下部へと抜けるルートもある。
初心者が一緒の場合は、こちらをお薦めしたい。

ゲレンデからの帰り、ホテルまでの間にある白樺(店の名前)は、カツサンドが有名だ。
あまり知られていないが、コーヒーも美味いので、ゲレンデからの帰りに寄り道すると良いだろう。


ホテルのエントランスには、屋根があり、玄関横に車を横付けできるので、悪天候時の荷物の積み下ろしも苦にならなかった。

吹き抜けの広い玄関で靴を脱ぎ、階段を上がって向かうロビーは、広々としていて、スキー場のホテルにいることを忘れさせる。
館内は、増築を重ねたためか、まるで迷路のようで、探検心をくすぐられる。

今回泊った部屋は、後で増築された建物と思われる。
玄関からは遠く、荷物を運ぶのが面倒であったが、高級ホテルのような廊下を通り、部屋に入るとバストイレ付のきれいで高級感のある部屋であった。

食事は、食堂で食べる形式だ。
夕食は、テーブルの上に所狭しと料理が並べられ、その上一部はバイキング形式であった。
団体客との重なり具合により、内容は変わるのであろうが、スキー場のホテルとしては十二分に満足できるものであった。
朝食は、スキー場のホテルとしては珍しく、バイキング形式である。
朝からがっつりと食べることができ、その日も一日がっつりと滑ることができた。

住所:長野県上田市菅平高原
駐車場:無料100台

詳細情報を表示 | クチコミを表示 | 写真を表示 | 宿泊プランを表示





JUGEMテーマ:旅行


長野県 | permalink | - | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |
この記事のトラックバックURL
http://tabiblog.jugem.jp/trackback/40
この記事に対するトラックバック