旅ブログ

これまでに泊まった全国の宿及びおすすめの観光・レジャースポットを紹介しています。

<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark |
<< 大阪 新阪急ホテル | main | 高知サンライズホテル >>

渦の道 【オススメ観光スポット】

徳島県と兵庫県淡路島の間に位置する鳴門海峡。

鳴門海峡の名物が鳴門の渦潮です。
鳴門海峡の渦潮は、潮の満ち干きによってできる瀬戸内海と外海との潮位差と、海底地形によって作り出されます。

鳴門の渦潮を見物するのにお勧めなのが、徳島県立渦の道です。

神戸淡路鳴門自動車道「鳴門北IC」から、車で約5分自動車
ICを出て左折してからは、「鳴門公園」の標識に沿って進めば到着します。

鳴門海峡に架かる大鳴門橋の下に設置された450mの遊歩道を歩いて行く展望室から、渦潮を見物することができるというもの。

入場料は、大人500円、中高生400円、小学生250円。

船に乗ることなく渦潮を見物することができますので、時間がなくても立ち寄れるのが嬉しい施設です。

遊歩道と展望室は、海面45mの高さ。
つり橋なので、結構揺れます。
高所恐怖症の人は、絶対に行きたくないスポットです冷や汗

渦の道
遊歩道や展望室の床下は一部がガラス床となっており、海を真上から覗くことも可能です。

写真だと距離感が分からないのですが…、メチャクチャ高いです。そして怖いです。

私が行った時は、ガラス床から渦潮を見ることは出来ませんでしたが、展望室からはいくつもの渦潮を見ることができました。



鳴門公園内には、渦と橋をテーマにした展示館、大鳴門橋架橋記念館エディや、全長68mのエスカレーターを登った鳴門山の上から大鳴門橋や淡路島を見渡せるエスカヒル鳴門があり、1日中でも遊べそうです。

住所:徳島県鳴門市鳴門町(鳴門公園内)
駐車場:普通車410円

徳島県 | permalink | - | - | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |